noyのブログ

プログラミングとかゲームとか

dein.vimとdeopleteをmacにインストールする。

環境

暗黒のVimmer(見習い)

dein.vim

github.com

dein.vimは暗黒のプラグインマネージャです。
元々neobundleを使っていましたが、後継が1.5年前に出ているのでさすがに乗り換えました。

インストール

githubのQuick start、dein.vimのインストール自体にハマってしまったメモ - Qiitaを参照。

1、Run below script.

$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/dein.vim/master/bin/installer.sh > installer.sh
$ sh ./installer.sh {specify the installation directory}

これを実行すると、最後に「今表示したscriptをvimrcに貼り付けてね(意訳)」と表示されるので見逃さずに貼り付けましょう(1敗)。

" If you want to install not installed plugins on startup.
if dein#check_install()
  call dein#install()
endif

この部分のコメントアウトを外して起動時にインストールするようにします。

You can specify revision/branch/tag.
call dein#add('Shougo/deol.nvim', { 'rev': 'a1b5108fd' })

vim8だとこの部分で deol.nvim requires Neovim と言われます。
, { 'rev': 'a1b5108fd' } の部分を消して、deol.nvimを削除、その後インストールすれば使えます。

deoplete.nvim

github.com

自動補完プラグイン

インストール

vimrcに以下を記述。
C++の補完のため、deoplate-clangもインストールする。
GitHub - zchee/deoplete-clang: deoplete.nvim source for C/C++/Obj-C/Obj-C++ with clang-python3

brew install cmake
brew install llvm --with-clang

必要なものを揃える。

call dein#add('Shougo/deoplete.nvim')
call dein#add('zchee/deoplete-clang')
if !has('nvim')
  call dein#add('roxma/nvim-yarp')
  call dein#add('roxma/vim-hug-neovim-rpc')
endif

上記をvimrcに追加。

g:deoplete#sources#clang#libclang_path
g:deoplete#sources#clang#clang_header

この二つの設定は必須です。
libclang_pathにはlibclang.dylibへのpath、clang_headerはclangディレクトリへのpathです。
libclang_pathと同じディレクトリにclangのディレクトリがあれば、それへのpathをclang_headerにします。


denite.vimはうまく動かないので諦めました。